【労働審判】ろうどうしんぱん

解雇や給料の不払いなど、使用者と労働者との間の労働関係に関するトラブルを解決するための審判のことです。

当事者が地方裁判所に審判を申し立てると、労働審判官(裁判官)1人と労働審判員2人の計3人で審理します。労働審判員は1人が連合などの労働者団体から、もう1人が経団連などの経済団体からの推薦で選ばれます。

お互いの合意が得られない場合は、裁判での判決に相当する審判が下されます。これに対して当事者からの異議の申し立てがあれば、労働審判はその効力を失い、労働審判事件は訴訟に移行します。

労働審判は、原則として3回以内の期日で審理が終結されることになるため、当事者は早期に的確な主張、立証を行うことが重要です。必要に応じて弁護士に相談するようにしましょう。

このページの上部へ