【賃金未払い】ちんぎんみばらい

あらかじめ労働契約や就業規則で定められた賃金を、所定の支払日に支払われないことをいいます。賃金未払いや時間外、休日、深夜労働に対する割増賃金の不払いは、労働基準法に違反しています。

使用者が未払い賃金の支払いに応じない場合は、労働基準監督署に申告することが有効な解決の手段の一つです。それでも支払われない場合には、弁護士に依頼し、労働審判か訴訟を起こすことになります。

未払い賃金は退職後でも請求することができますが、消滅時効は2年(退職金の場合は5年)間です。時効については、内容証明郵便を送るなどで時効の中断が認められる方法もあるので、弁護士に相談するのがいいでしょう。

このページの上部へ